« コンデジのMTBマウント自作 | トップページ | リアショックのメンテ »

2010年10月23日 (土)

フォークのメンテ

トレールシーズンも始まることだし、前回に紹介したようにシール類も入手しているし、そろそろフォークオイル交換時期でもあるのでフォークのメンテを実施。

使用しているのは 2008年 FOX F120RLC。初めてのメンテなので、FOXのサービスマニアル参考にして分解し、オイルの状態を確認。

Dsc001741_2

結構、走っている方と思っていたが、オイルは綺麗な状態。(マニツゥの場合には金属カスが沢山なのだが)

それから素人では出来る範囲で分解してから状態を確認。

Dsc001751_4

フォームリングに少々の汚れがあったので、フォークオイルで共洗いを施した。エアー漏れの現象もなかったしシール類も問題が無いので、今回はシールを交換しないで組込を実施。

それにしても、メンテが簡単なので好きなマニツゥと比較すると(比較してはいけないのかも)各部品の作りの精度と材質の違いには驚かされた。これを見ては、性能の違いは納得ものです。

私の走り方では、オイル交換は2年毎、フォームリングの清掃は1年毎で良さそうである。カートリッジダンパーのメンテは出来ないので、そのうちM&Pに頼むしかないか。

備忘録:ロックアウトレバーを固定する3本のいもネジのセンターより、ボールは内側にセットする事。オイル量はこちらを参考にする。

|

« コンデジのMTBマウント自作 | トップページ | リアショックのメンテ »

修繕/工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565678/49823725

この記事へのトラックバック一覧です: フォークのメンテ:

« コンデジのMTBマウント自作 | トップページ | リアショックのメンテ »