« 久々の海外通販 | トップページ | 走り収めは探索とご機嫌DH »

2010年12月29日 (水)

リアディレーラーの修理

Dsc003671 トレイルライド時にMTBで発生するトラブルで一番多いのは、後輪への枝の巻き込によりダメージを受けるリアディレーラー周り。

それらは、リアディレーラーの変形と破損、ハンガーの変形と破損。破損した場合には交換するしか無いが、変形の場合には修理が可能が場合がある。

ハンガーの変形にはホーザンのリアディレーラー直結ゲージを使用している。

Dsc004541_3 今回はBテンションアジャストねじが付いているプレートが変形してしまった。外して、修正して再取付した。結構良い感じで治っていた。

備忘録:プレートを外す時は、Cリングをマイナスドライバーを使用して外す。その際は、バネの力で戻るので軍手を使用。取付る時にはバネの力が強いのでハンガーを使用してCリングを取付ける。

写真を撮っていれば良かった。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

|

« 久々の海外通販 | トップページ | 走り収めは探索とご機嫌DH »

修繕/工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565678/50432727

この記事へのトラックバック一覧です: リアディレーラーの修理:

« 久々の海外通販 | トップページ | 走り収めは探索とご機嫌DH »