« 探索最後のご機嫌なDH動画 | トップページ | 走り初め »

2011年1月 1日 (土)

はやくも初仕事

今年もよろしくお願いします。

MTBの仕事初めとして異音の解消。

去年の11月末頃からクランク周りからの音が気になっていた。これらの異音の発生箇所として考えられるのはペダル、クランク、BB。

音はクランクに負荷をかけて回すと発生する頻度が高いようだ。

使用しているペダルのベアリングはボールではなくDUなので、摩耗によるガタがあるとペダルの決まった位置で音が発生する。以前にこの現象を経験しているので、今回が該当しない。

チェーリングボルト等のクランクまわりのボルトの増し締めを実施したが、効果なし。

結果、BBの交換を実施。BBはCRCから調達済みの物を使用。

Dsc004721 Dsc004771

これで、異音は解消したので原因はBBだった。

それでは、真の原因を探るべく外したBBを分解。

結果は異物の噛み込みはあったが、ベアリングの破損変形、レースの虫食い傷等は見当らなかった。

備忘録:シマノホローテックIIに使用しているBB用アダプター(B.C.1.37”x24T)英ネジに使用しているベアリングの仕様は以下の通り。

  メーカ名:Sanhill

  型式:6805-RD

  寸法:外径×内径×厚さ=37×25×6

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

|

« 探索最後のご機嫌なDH動画 | トップページ | 走り初め »

修繕/工作」カテゴリの記事

コメント

>シンゴさん
確かに、あの音はどこから出ていたの?って感じです。
でも、6年も使用していたので、寿命でしょう。

汎用のベアリングですと幅(厚さ)7mmですが、TOKENのティラミックべリングは
6mmで同寸法なんですね。
結構な値段ですが。

投稿: ひら々 | 2011年1月 2日 (日) 10時13分

>おっさん
使用期間が6年ですので、そろそろ寿命だった事にしておきましょう。
確かに、ISO9XXXもエビデンスだ、対策だ、製造技術以外で手間と時間がかかりすぎ!
品質は人ですよ、国民性ですよ。

投稿: ひら々 | 2011年1月 2日 (日) 09時56分

シマノのBBはグリスが切れて、水が入ると
見た目問題ないのになぜかギシギシ音が
出ますね。不思議です。

おいらは純正のカップにTOKENのティラミック
ベアリング入れています。

防食性は格段にあがる「はず」ですので
ちょっと期待してすでに2年ですが・・・
そろそろやばそうです。

やっぱ純正が一番ですね^^

投稿: シンゴ | 2011年1月 2日 (日) 05時40分

今年もよろしくお願いします!
元旦からご苦労様です。やっぱし中国製のユニットでしたか...
中国のメーカーはISO9XXXとか取得していても製品の精度には関係ないちゅうことですかね?
どうせISOの取得も中国国内の審査だから信用ならないでしょ?
もっとも日本国内でもうっとうしいだけですが...製造技術とは関係ないよね!

投稿: おっさん | 2011年1月 1日 (土) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565678/50462115

この記事へのトラックバック一覧です: はやくも初仕事:

« 探索最後のご機嫌なDH動画 | トップページ | 走り初め »