« NPO合同の作業道作り 二日目 | トップページ | 自作チェストマウントの動画テスト »

2011年3月13日 (日)

帰宅難民

地震かなっと思うも間もなく停電、それに続き大きな揺れ。

経験の無い大きな揺れのため自発的にヘルメットを被り机の下に潜り込む。

ようやく揺れが収まり震源は宮城県沖との情報に唖然とする。

東京でこれだけ揺れたのだから、東北はどうなっているのだろう?

家族の無事は間もなく確認できて一安心するも、いわきに住んでいる

親と親戚には連絡がとれない。

そのうち、妻よりいわきの親と親戚に連絡が取れたとの連絡にホットする。

帰宅したいがJRが止まっていて、自宅までは80km強もあるので

帰宅を早々にあきらめ会社宿泊を決定。

帰宅難民になるとは思ってもいなかった事。

それでも、線路と橋が崩壊している訳ではないので、明日にでもJRが動けば

帰宅できるだろうことを期待し仮眠を取ることに。

明日、8時にJRがようやく動きだしたのを確認し、三鷹から千葉への

各駅停車に乗り込む。始発駅なので座って乗車できたが、千葉駅まで

3時間半もかかった。それから先は内房線が運休で道路も大渋滞なので、

徒歩で自宅に向かうことに。そんなこんなで、ようやく6時間後に自宅に到着。

自宅でTVを見る、私の災難なんでちっぽけなものと思い知らされた。

きょうもコスモ石油は鎮火していない。

Dsc006601

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

|

« NPO合同の作業道作り 二日目 | トップページ | 自作チェストマウントの動画テスト »

」カテゴリの記事

コメント

>ホリさん
ボランティア活動ご苦労さまです。

私より近い千葉方面の方は12時間歩いて帰宅したそうです。
私の場合は時速6kmで歩いて15時間です。
こんな事にならなけれ良いと思っています。

投稿: ひら々 | 2011年3月16日 (水) 20時21分

ひらひらさん お久しぶりです。帰宅難民は大変でしたね。お疲れ様です。

TVで次々流される映像を見ていると胸が痛んでしまいますね。

今日は休みだったので、旭市災害センターに行って個人宅の後片付けを手伝ってきました。現地にいって目の当たりに現状をみると、唖然として溜息しか出ません。日ごろロードで気持ちよく走っていた旭・飯岡付近の美しい海岸線は、別の場所にように酷い状態でした。あれではまともに生活ができるのは随分時間がかかるでしょう。
微力ですがなにかお手伝いできないかと考える毎日です。

落ち着いたらまた一緒に走りましょうね。ではまた。

投稿: ホリ | 2011年3月16日 (水) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565678/51112416

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅難民:

« NPO合同の作業道作り 二日目 | トップページ | 自作チェストマウントの動画テスト »