« トレイルライド用シューズ | トップページ | チューブレスタイヤのパンク修理材 »

2011年10月17日 (月)

チューブレスタイヤのスローパンク

どうも、2週間で250kPaから150kPaに圧力が低下する。
スローパンクのようだ。石鹸水でチェックすると、案の定、蟹泡が!

Dsc011761

原因はたいてい野薔薇のとげ!
今回は前のタイヤ(IRC ミブロ)が1か所、後ろのタイヤ(マキシス クロスマーク)が2か所。

チューブレスなので、さて、どうやって修理しようか?
ミブロはタイヤの裏にゴムパッチを貼り付けて完了。

クロスマークはゴムパッチが貼りつかないし、パナレーサのパンク修理キットで穴を大きくして治すのも、緊急時なら致し方ないが。

やはり、シーラントを入れるか?
以前はこれを使用したが、今度はどれにしようかな?

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

|

« トレイルライド用シューズ | トップページ | チューブレスタイヤのパンク修理材 »

修繕/工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565678/53016949

この記事へのトラックバック一覧です: チューブレスタイヤのスローパンク:

« トレイルライド用シューズ | トップページ | チューブレスタイヤのパンク修理材 »