« トレイルライド用グローブ | トップページ | プチィプチィ ルート! »

2011年10月14日 (金)

トレイルライド&里山保全と鋸について

トレイルライドをする時、バックパックにいつも入っている折込鋸。
刃長さ180mmで軽量、とっても安価(ワンコイン以下)。ただし、刃が柔らかく、あまり使い勝手は良くないが、緊急用として充分に役に立っている。ケースはもともとはビニールだったが、壊れたので革で自作した。

Dsc011581_2

里山保全の時に使用しているのは、ケース付きの鋸。刃長さは240mmで、替刃は竹引用で刃長は210mm。(本体は980\、替刃570\)

里山保全がメインならケース付きの方が出し入れが楽で、使い勝手が良い。竹引用を使用しなくとも、もともとの刃が万能目(縦引と横引が混在)で目が細かいので、竹でも生木でもストレスなく切る事ができる。

Dsc011611_2
一般的に人気があるのはシルキーゴムボーイ。良く切れるらしい。値段は上記の数倍程度。

Banno_img10_2

おっさんが持っているのは、房州船鋸。素晴らしい工芸品で持つ喜びを感じられる。けど、お財布は軽くなっちゃいますよ。

87bbbc36_3

房州船鋸は目立てをすれば一生物ですが、一番上は使い捨て、次の2点は替刃式(刃は使い捨て)。
安物鋸はどうして目立てが出来ないか?それは刃に衝撃焼き入れ施しているので、やすりよい硬度が高いからのようだ。それって、目立ては出来ないが刃が長持ちするって事。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

|

« トレイルライド用グローブ | トップページ | プチィプチィ ルート! »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565678/52991609

この記事へのトラックバック一覧です: トレイルライド&里山保全と鋸について:

« トレイルライド用グローブ | トップページ | プチィプチィ ルート! »