« 雨後のトレイルライド、でも、乾いて落ち葉サクサク | トップページ | 鹿野山古道のパトロール走行 »

2012年5月13日 (日)

房総森輪会が新たなエリアで里山保全を開始した

房総森輪会が主体となって管理する里山の調査と保全作業を実施してきました。
この森の広さは20haと、結構な広さがあります。
まずは、地図を見ながら代表のおっさんより、レクチャーを受けてから、作業開始!
Dsc019361Dsc019391






かなり倒木が多いので、手鎌隊が先頭で作業エリアを確保し、チェーンソーで倒木を玉切りしてから撤去し、刈払機で笹と小枝を切り開き、ドン尻はレーキーで仕上げをする編成で作業をすすめます。
Dsc019431Dsc019441






みなさん、慣れた作業なので、午後の早い時間には、予定のコース約300mが開通しましました。どうです。きれいに古道が再生されたでしょう。

Dsc019481Dsc019461






みなさん、お疲れ様でした。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

|

« 雨後のトレイルライド、でも、乾いて落ち葉サクサク | トップページ | 鹿野山古道のパトロール走行 »

里山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565678/54701545

この記事へのトラックバック一覧です: 房総森輪会が新たなエリアで里山保全を開始した:

« 雨後のトレイルライド、でも、乾いて落ち葉サクサク | トップページ | 鹿野山古道のパトロール走行 »