修繕/工作

2017年2月12日 (日)

ディスクブレーキロータの交換

昨日に引き続き、用事の合間をみてMTBのメンテを行いました。
今回はディスブレーキロータの交換です。
Dsc06000Dsc06001








6穴でなくセンターロック式なので、道具さえあれば交換は簡単です。6穴の方が好きですがハブの選択肢がなくこのホイルのみセンターロック式になっています。
ロータの厚みはフロントが1.35mm、リアが1.45mmとかなり摩耗していました。
リアのパッドもメタルからレジンに変更しました。
ブレーキ鳴きが大きくなっていましたが、これで少しでも収まれば良いのですが。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

リアディレーラの補修

リアディレーラの部品が入手できたので、修理をすることに
Dsc05995Dsc05996







左側はRD-M960のストッパープレート。
一部破断しています。右側はRD-M770.ストッパープレートの爪が曲がっています。
ストッパープレートのダメージからすると、RD-M960の方が大きな力がかかった
はずですが、本体のダメージはRD-770は全体に歪んでしまって再生は不能です。
さすがに、RD-M960は軽く上部な材質で作られているようです。
Dsc05997Dsc05999







本体に歪みがないRD-960ですが、ガイドプーリ破損、アプタープレートの曲がりがありました。曲がりは万力とプライヤーで補正し、ガイドプリーはRD-M770から
流用しました。これでなんとか1台は復活しました。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

リアディレーラの交換

年末と年始にリアディレーラを壊してしまったので部品を購入することに。
9Sのローノーマルを使用していましたが、もう手に入らないので、トップノーマルでがまんです。Wiggleへ予備を含めて3ケ発注し先日届きましたのでルイガノ君を直すことに。
Dsc05970Dsc05971







結構な曲がり具合です。リアディレーラを外して見ると。
ガイドプリーとストッパープレートが破損しています。全体的な歪みは無いようなので、後程部品交換して復活させよう。
Dsc05975Dsc05976







ハンガーもかなり曲がっていたので修正工具で補正しましたが、なんか変です。スペアーと比較すると、あらまー、後ろに曲がっています。
さらに、ボルトが過重で途中で折れて、残ってしまいました。
ドリルで穴を開けて何とか外す事が出来ました。
思いの外時間が掛かってしまいましたがようやく復活!!!

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

リアディレーラのトラブル対応

前回のMTB走行時にリアディレーラに枝を巻き込みトラブりました。
房総では落枝が多いので、このトラブルはよくあります。
天気も悪く出かける用事もないので、修理作業をする事に。
Dsc05911Dsc05906







ディレーラが在らぬ方法に向いて、ワイヤーにストレスが掛かったためか、エンドキャップをアウターワイヤー突き抜けています。
本体のストッパーが削れその場所で止まるストッパープレートもひっ曲がっています。いつもパターンです。
Dsc05905Dsc05904







当然、リアエンドも曲がっていますが、まだ修正で使用出来そうなで修正します。これで組み込みましたが、残念!
今回はディレーラも変形していて、変速の調整ができません。
あきらめて、別のMTBから外して組み込みました。
9速はマイナーでローノーマルが好きなのでさらに調達が難しそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

ディスブレーキのオイル交換

MTBのディスクブレーキのオイル交換をしました。
前回の交換は2014/5なので、2年ぶりです。
交換方法は前のブログを参照してください。
http://boso-hirahira.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-754b.html

Dsc05684Dsc05715






左は最近投入したMTBで、オイルラインをカットしたので、エアー抜きの様子です。
XT M8000ではじょうろが必要になっていました。旧式より面倒でエアーの抜けが悪いような。
Dsc05716Dsc05718






2年経つとミネラルオイルの色が抜けています。
替えどきだったかも。
Dsc05719Dsc05720






XTが3台とSAINTで4台のオイルを入れ替えました。
ストックしていたオイルで間に合ってしまい、準備していた1Lのオイルは使用しないで済みました。
それにしても、50mlで1200¥は高か過ぎでは?
1000mLで2400\、なんか値段の設定が判らん。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

雨城楊枝製作体験会へ

房総の伝統工芸である”雨城楊枝”の製作体験会へ行ってきました。
楊枝の材料は房総に広く自生しているクロモジの木です。
Dsc04883Dsc04896






玉切り、小割りまでの工程は先生が実施し、それからの工程は先生の実演を真似て作ることに。
Dsc04888Dsc04885






楊枝の種類は沢山あるようですが、今回は普通の楊枝であるザクと真竹を模した竹を作ります。
Dsc04900Dsc04903






生徒は21名と満員。胡坐をかいての作業はつらかったですが、クロモジの良い香りに癒されます。
作業終了後には昼食会があり、その食後には抹茶と和菓子が。
もちろん、自作の楊枝で美味しく頂きました。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

フォークの入れ替え

年末に故障したMTBの修理をしました。
フォークはFOXの廉価版のEVOLUTIONへ交換。
Dsc04816_2MINUTE1(2004)の下玉押しをマイナスドライバーとプラハンでコツコツと
外し、マルチプレッシャーアンカーを外します。
FOXのコラムは金鋸でじみに気長にカット。下玉押しを塩ビパイプでスコーンと
打ち込んでフォークの準備は完了。
Dsc04817Dsc04818






ディレーラハンガーもぐにゃりと曲がっていたので、修正工具で修正しました。なんか剛性が落ちたようなので、早めに予備を調達した方が良さそうです。
リアディレーラはストック品のM770へ交換。
本日の作業完了。フォークの色が同じなので、姿は前とほとんど変わらす。
これで、なんとかもう少し乗れそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

年末MTBトラブルの顛末

年末にフォークとRDにトラブルが発生しました。
フォークはセミバスオイルを止めるべく、
分解して該当Oリングを交換しましたが、残念。
漏れていたのは、セミバスオイルでなくダンパーオイル。
SPVを分解できる所まで分解しましたが、これも残念。
カシメがありオイルを止める所まで行き着かず。

RD(M760)の方は、ストッパープレートと黒いプレートがぐにゃりと、
本体のストッパーになる突起がガッツリとえぐり取られています。
Dsc04805Dsc04807






さらに古いM750かが部品取りをして、ストッパープレートを交換しようとしましたが、ガスケットのサイズが合いません。またもや、残念。
9Sのローノーマルはもう手に入らないので、トップノーマルに交換するしか
なさそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

里山整備用フォルスターの自作

午前中は、町内会の行事でつぶれてしまいましたので、
午後からは工作の時間です。
Dsc04678Dsc04679






里山での伐採作業で使用するトングとメジャーのフォルスターを自作することに。
左側は先シーズンに使用していた物で、すべてPE樹脂で製作しました。
今回は、ベースは同じPEですが革で3段の袋にしました。
これで、楔の収納が可能です。
使い勝手はどうでしょうか?
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

フロントフォークの分解点検

先週のMTBライドでトラブルが発生していました。
フォークのオイル漏れ、そのオイルがディスロータに付着してフロントブレーキが
制動不良。下りでスピードを調整できず、サドルで腹部を強打!
そのダメージで、まだ肋骨が痛いです。
そんな訳で、久々にMTBのメンテです。
Dsc04670Dsc04671






フロントフォークを分解。ダンパー下部のOリングが逝っていました。前回の取り付け方が悪かったのか、変形していました。
Dsc04674Dsc04675






同じ規格のOリングが手元にあったので交換。
ついでに、ダンパーの調節ノブが固いので、SPVも分解するもカシメがありこれ以上の分解が出来ないので、
こちらは諦め。
Dsc04676Dsc04677






オイルまみれのロータはクリーナでオイルを落としてから、アルコールで洗浄。
パッドもオイルがべったりなので、こちらは新品へ交換しました。
これでも、なんとか復活できたようです。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

走行 | 里山 | 物欲 | 修繕/工作 | 食欲 |